メンズブランドのシャツでファッションと服のセンスを磨け

ブランドのシャツってなかなか似合うの探すのは難しいですね。どのブランドシャツが自分に似合うのか・・

  メンズブランドのシャツをかっこよく着こなせのナビゲーター   トップページ > 2008年09月  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルメネジルド・ゼニアのシャツを着こなせ!

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)はもともと、北イタリアで1910年テキスタイルメーカーとして創業されました。農家に生まれた初代エルメネジルド・ゼニアの父であるアンジェロ・ゼニアが、時計職人となり、そこから毛織物を手がけるようになったことで、織物製造会社を設立したのです。一度、火事で工場を焼失したのですが、工場を再建し、新たに技術的な研究に取り組んだようです。その父アンジェロ・ゼニアから家業を受け継ぐこととなり、近代的企業に育てたのが、グループ創業者エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)なのです。彼は、顧客だけでなく、第一線級のファッションデザイナーに供給できる流通機構をも作り上げていったのです。エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)は、紳士服地で確固たる地位を築くこととなり、さらに服地だけではなくメンズプレタの分野にも進出するようになる。
「最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める」というのが、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のデザインポリシーである。スーツ、ジャケットなどからスポーツウエアまでも、国際的評価を得るようになり、トータルメンズブラントとしてエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)を不動の名にしたのです。
日本では1977年、ゼニア・ジャパンが設立され、「エルメネジルド・ゼニア」ブランドのメンズウェアと「アニオナ」ブランドのレディスウェアとして、服地の輸入卸、販売を手がけていましたが、アニオナは三喜商事に移管されていったようです。

関連ブランド
・E.Z BY ZEGNA(イーズィー・バイ・ゼニア)
三陽商会との共同開発によるイタリアンスタイルのカジュアルドレスアップウェアとしてブランドをスタート。25歳をコアにファッション感度の高いヤング層がターゲットとなっている。
・ZeFer(ゼフェル)
フェラガモと共同でフィレンツェに設立。シューズコレクションをスタート。シューズは「エルメネジルド・ゼニア」ブランドで発表されるようになった。靴でも「ナポリクチュール」、「サルトリアーレ」、「ソフト」、「ゼニア・スポーツ」の4ラインが提案されている。

スポンサーサイト

MKオム(MK homme)のシャツをかっこよく着こなせ!

MKオム(MK homme)は、ミッシェル・クラン(Michel KLEIN)から派生していったメンズ系のブランドです。
もともとミッシェル・クラン(Michel KLEIN)として、スタートし、ミッシェル・クラン(Michel KLEIN)がMKオム(MK homme)を発表したということですね。ではまずそのミッシェル・クラン(Michel KLEIN)の経歴をたどって見ます。

ミッシェル・クラン(Michel KLEIN)
1981年、シグネチャブランドである「ミッシェルクラン(MICHEL KLEIN)」をスタートする。同年には、フランス・パリに初のショップをオープンする。ミッシェルクラン(MICHEL KLEIN)のブランドコンセプトとしては、「ソフィスティケイティッド・スュペール・メレ(SOPHISTICATED SUPER MELER)」となっており、現代女性が着るために、洗練された感覚で日常着を組み合わせていく、新しいミックススタイルなのです。
1989年には、ビジネスパートナーとして、イトキン株式会社(Itokin Co., Ltd.)と提携する。
1994年からは、ギ・ラロッシュ(Guy Laroche)のアート・ディレクターを務める。
1996年には、ピュアヤングマーケットに「MKオム」を発表する。
2006年に、S/Sより、「ミッシェルクラン・オム」を発表する。
といった感じで着々とそのブランドを拡大させていっているようです。


>> MK HOMMEのアイテムはココから探せます <<


なかでも、メンズブランドとして発表している「MKオム」では、シンプルさの中にトレンドを取り入れることで、ナチュラルでありながら新鮮なイメージを提案しています。
「MKオム」といえば、ヤングカジュアルブランドというイメージですが、すべてが若者向けということでもないですね。30~40代位の方でも違和感なく着こなせる、落ち着いた雰囲気のものもあります。

しかし、MKオムでの基本コンセプトは、ハイクオリティベストプライスで、ライフスタイルにあわせて、こだわりを持った今を感じさせる若者に向けたトレンド発信型ブランドとなっています。MKオムは、「エレガントプレパラトリー」、「モッズミリタリー」、「ノーブルプレパラトリー」と、3つをテーマとし、ユーロスタイルをベースとした、カジュアルクロージングまで幅広く提案している、ファッションブランドです。

カスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)のシャツをかっこよく着こなせ!

カスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)は、カジュアルをイメージしたヨーロッパ系のモードを意識したトップス、ボトムスなどをメインに手がけた企画、製造、販売を手がけているブランドです。そのカスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)は、まだ比較的新しいブランドであり、創設したのは2001年とごく最近のことです。まだ新しいブランドであるカスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)ですが、カジュアルでありシンプルでもありながら、デザインに主張のあるコートやパンツがとても人気で、そこがカスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)の特徴ではないでしょうか。また、ジャニーズ系の男の子達が着ているブランドとしても注目を集めています。
カスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)の店舗ですが、関東圏を中心として、名古屋、大阪などの東海、関西地方にも比較的に、カスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)の店舗が多く集まっています。また、福袋がとても高い人気があるようで、カスタムカルチャーの福袋が、オークションなどで転売されてしまうというほどの人気ぶりで、人気のある商品には、かなりの入札が集まっているようです。カスタムカルチャー(CUSTOMCULTURE)での一番人気となるのは、やはりコート類で、男女兼用的なデザインがとても受けているようです。

⇒ ★カスタムカルチャー 楽天新着ランキング★

 | HOME |  »

最新記事

ランキング

My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログ王
ブログランキング【くつろぐ】
くる天 人気ブログランキング

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。